blog, parts check

Jungle runner bar in Store

こんにちは。CRUMBWORKSです。

 

 

 

“Crust Bikesのスーパーワイルドなマルチコミュターハンドル
その名も”Jungle runner bar“が入荷してます。

幅800mmという規格外のスケール。

800mmはやり過ぎなのではなかろうか…と心配していたのが正直なところでした。

しかし現物を見てみると不思議としっくり。

 

@crustbikes #junglerunner bars in their natural habitat. 😘

collin sam🚲’nさん(@kickstandcollin)がシェアした投稿 –

 

@crustbikes y’all are killing it with these #junglerunner bars

Jacobさん(@jcbspncr)がシェアした投稿 –

 

 

 

 

“Evasion”や”Scapegoat”のようなに太いタイヤが履けてワイルドでゴツい車体と相性抜群。

ハードなグラベルにおいて抜群の安定感を発揮してくれそうです。

800mmはフラットバーやライザーバーだとかなり長く感じる数値ですが、
Hハンドル型になると付けた時の違和感は無いですね。

下り系MTB並みのハンドル幅にする事でハードなグラベルでも抜群の安定感を発揮します。

幅が広くなればそれだけ様々なポジションで乗る事ができるため、荒野やグラベルひたすら走るアドベンチャー達に最適なハンドルと言えるでしょう。

 

まさに”Jungle runner”

 

バッグやライト等の付属品をいっぱいつけられるのでコミューターにも最適です。

機能面はもちろんですが、何よりこの角ばった形がとても良い。
見た目重視で使って頂くのも有り有り。

 

 

Jungle runner bar“は隠れた名品です。
本国でも人気商品で即完売してしまうほど。
次回入荷はしばらく先になるかと思いますので気になる方はお早めに。

残りラスト1本ですよ。

 

コメントを残す